ビジネスローンは総量規制対象外になる?

毎日の暮らしは度重なるお金のやりくりの連続で成り立っているものです。特に自営業などのビジネスを経営している人にとってはその苦労もひとしおです。その事業資金の面でどうしてもお金が不足してしまった折には消費者金融にてビジネスローンを活用すると便利です。

このビジネスローンとは、カードローンやキャッシングなどの少額融資サービスとは異なり、その融資金を全て事業のために使用することを条件に貸し付けてもらえるお金のこと。通常の少額融資であれば貸金業者の場合、総量規制の対象となって年収の3分の1を超える融資は困難となりますが、しかしこのビジネスローンは総量規制対象外となります。つまり、年収の3分の1を超える融資を行ったとしても罰せられることなくそのまま借入を行うことができるのです。この他にも総量規制対象外のものとしては不動産担保ローンやおまとめローン、教育ローン、マイカーローンなど高額に及ぶものが多く、これらを活用することで大きな利便性が得られます。

ただし、このビジネスローンを総量規制対象外として審査通過してもらうためには幾つかの条件があります。まずはこの融資金の使途が明確化されていること。融資金をビジネス以外に使用しないことが条件となります。そして事業計画や収支計画などを提出して融資の有効性を証明することができること。さらにビジネスローンを借り受けた後の返済スケジュールや返済能力に関しての説明責任も生じます。これらを満たした上で審査通過すると、総量規制対象外にてビジネスローンを活用することができるのです。

Kozlowski