レイクとクレジットカードのちがい

最近ではほとんどの方が持っておられるクレジットカードとレイクが発行しているキャッシングカードとどこがちがうのでしょう。

レイクのキャッシングカードは現金に換える、小口の融資を受けるといった意味があり、お金を引き出したり、借りたお金を返済する時に使うカードで、キャッシングカードで商品の購入や食事代でカードを利用する事はできません。

クレジットカードのクレジットは信用といった意味があり、買い物やオークションなど商品購入などに利用されるカードで、クレジットカード会社が一時立て替えてお店に支払い、後日カード会社から請求されるといったカードの事で、現金の持ち合わせがない時などに利用します。

最近ではクレジットカードにキャッシング機能がついたカードが出ていて、クレジットカードが使えない時、近くの提携コンビニATMからキャッシングができます。返済方法は一括払いやリボ払いがあり、金額や自分の状況にあわせた支払方法が選べます。

クレジットカードにショッピング機能とキャッシング機能がついていると確かに便利なように思えますが、クレジットカードとキャッシングカードが1枚になっている時、キャッシングをする時の金利が高いことや、キャッシングカードの金利は1日ごとに掛かってきますがクレジットの返済にリボ払いを指定した時の金利を考えると無駄な金利を払い続ける事になりますので、現金を扱うキャッシングカードとお財布代わりに利用するクレジットカードを別々に契約するほうがお得といえます。
レイクで借りる前に確認するべき8つの項目はこちら

Kozlowski